ネットショップの集客 ※リスティング広告の有効性

商品の発送方法について

18.gif
商品を発送する際のポイントについて解説していきます。


■配送手段のあれこれ
商品の大きさにもよりますが、利用出来る配送方法は簡単に分類しますと ・郵便局(定形外、ゆうパック、エクスパック等)と宅配業者(クロネコ、佐川、福山等)があります。予め利用可能な発送方法はショップに記載しておき、配送料金表も掲載しておけばお客様もわかりやすいと思います。


配送中の事故による補償が出来るものと出来ないものがあり、またメール便等は安価な上追跡番号を調べれば今どこの営業所にあるかくらいはわかります。


その辺も含めお客様に選択して貰えるようにしっかり記載しておきましょう。

■配送に関するトラブル
ネットショップでは取り扱う商品によっては大量に発送を行う場合があります。多くなればあるほど、配送中のトラブルに見舞われる可能性も。その際、ショップの責任なのか配送業者の責任なのかは様々ですが、確実に言えるのはお客様が不愉快になること。


配送中のトラブルに対しどのような対応をとるのかは事前に決めておかないと慌ててしまいます。安価なものであれば、「損して得取れ」ともいいますし、リピーターになる事を期待して負担してしまうのも一つの手でしょうし、高額品に関しては最初から発送方法を限定しておくことも必要でしょう。「想定外」なんて言い訳はしないように万全の体制作りを。

■発送料金もショップの利点に
実際にお客様の目線に立ってみると、送料って結構気になるもの。家具などの調度品は数千円~数万円なんて金額にもなってしまうし、安価なものだと送料の方が高く・・・なんて事もあるかもしれません。そこは営業努力となります。かなりの実績を積めば、利用している運送業者に対しある程度の交渉が出来る様になるかもしれません。


ようは「お得意様価格」ですね。こうなれば実際にお客様へお願いする送料も安くなり、お客様にとっても利点になります。とはいえ、早々簡単には行きません。それなりの実績、安定した依頼を継続して行わないといけませんので、「交渉出来たらかなりラッキー」くらいで覚えておきましょう。



Topics

商品を発送する際のポイントについて解説していきます。 ■配送手段のあれこれ 商品の大きさにもよりますが、利用出来る配送方法は簡単に分類しますと ・郵便局(定形外、ゆうパック、エク…

Copyright (C) 2011 ネットショップの集客 ※リスティング広告の有効性. All Rights Reserved. [admin]